toggle

施術をお受けになる前に

リフレクソロジー、リンパドレナージュおよびアロマdeコンディショニングは、治療行為ではありません。以下のような症状がある場合には、施術はお受けできません。以下の症状以外でも、気になる症状や既往歴がある場合には、あらかじめかかりつけの医師にご相談のうえ、施術をお受けくださいますようお願い申し上げます。

【リフレクソロジーを行わないほうがよい場合】

①泥酔状態のとき

②高熱が出ているとき

③妊娠中

④重度の糖尿病

⑤重度の骨粗しょう症

⑥心筋梗塞、狭心症、または既往歴のある方。

 脳腫瘍、脳溢血、脳梗塞または既往歴のある方。

⑦重度の水虫、炎症のある方

⑧足のケガ、捻挫などもある方

【リンパドレナージュを行わないほうがよい場合】

①熱があるとき 

②化膿疾患がある場合 

③リンパ節(腺)が腫れているとき 

④心臓疾患がある方(心筋梗塞、狭心症など) 

⑤重症の循環器障害(静脈炎、進みすぎた静脈瘤、皮膚の潰瘍性病変など) 

⑥甲状腺機能障害(甲状腺機能低下など) 

⑦免疫にかかわる疾患(癌腫、発熱を伴う感染性疾患) 

⑧妊娠中 

⑨外的手術後3週間以内(施術開始時には医師の許可のもとに行うこと)

【アロマdeコンディショニングを行わないほうがよい場合】

①炎症がある場合

②皮膚疾患および炎症(アレルギー症状など)がある場合

③感染症がある場合

④妊娠中