toggle
2017-11-14

日本産精油yuicaスペシャリスト、はじめの一歩

このたび日本産精油yuicaスペシャリスト講座に参加し、無事に認定証をいただきました。

yuicaの生みの親、稲本正先生

まだまだこれからですが、まずは喜びをかみしめています。私がなぜ日本産精油yuicaに惹かれたかというと、昔から和のものが好きだったから。日本の樹木の香りは、子どもからお年寄りまで馴染みのあるものばかりだから。でも、何よりも素晴らしいと思ったのは、精油を抽出する樹木はすべて森の間伐材や自然に生えているものだけを使用していることでした。

yuicaでは、荒れた森林に手を入れ、森の奥まで光が入るようにし、草や木が豊かに育つ環境を整え、その際に出た間伐材を買い取り、製品を作っています。日本は世界第3位の森林面積率を誇る、豊かな森の国。その森を守りながら、森からの恵みを無駄なく生かす。間伐材を用いることで、乱伐による種の絶滅を引き起こさない。人も森も共存共栄していくこのあり方は、とても誠実だけれど根気もいるし、中途半端な覚悟でできることではない。そこに深く感銘を受けました。

これからは私もyuicaの製品を扱い、販売し、伝えていくことになります。精油の向こうには、その材料となる限りある植物たちがいることを肝に命じて活動していこうと思っています。

関連記事