toggle
2018-08-16

匂いと記憶

今日の関東は、少し暑さが和らいだ1日でした。明日から平年並みの暑さに戻るとか。お盆休みをとった人、相変わらずお仕事だった人。みなさんはどんな1週間を過ごしましたか?帰省して久しぶりに食べたお母さんの手料理。みんなで食べたゆでたてとうもろこし。汗だくで取引先を回った合間に飲むアイスコーヒー。夜の花火と蚊取り線香。炎天下の中で一心に働いた汗と埃のにおい。そのときのにおいをかいだだけで、たくさんの思い出や感情がよみがえってくることがあるでしょう?

香りには、記憶を呼び覚ます「プルースト効果」があります。私の好きなにおいは、寒い冬の石油ストーブのにおい。いつも祖母がストーブの上で焼き芋や甘酒を作ってくれていた、心温まる思い出のにおいです。あとはモワッとした夏の空気と、体育館のにおい。決していいにおいではないけれど笑笑。部活三昧だった、青春の思い出のにおい。幸せな思い出と結びついている香りやにおいは、たとえ何十年後でもあなたやあなたの大切な人を支えてくれることもあるのです。

今年の夏は、どんな思い出と香りに出会えましたか。

関連記事