toggle
2018-12-15

アロマケアday

今日は、港区にある精神疾患を抱えた入居者さんたちのための自立支援グループホーム、アプローズ南麻布さんでのアロマケアでした。

最近めっきり寒くなってきたのと、インフルエンザが流行り出したこともあり、足元からホカホカしてもらいましょうと、足湯はショウガの精油をセレクト。トリートメント用には抗菌、抗ウィルス作用のある精油をブレンドして作ったオイルを3種類用意。お好みの香りを選んでいただきました。

本当にささやかなことしかできません。びっくりするほどたくさんの薬を飲んでいらっしゃる方もいるので、精油の使用にもいつも以上に気を遣います。日によって気持ちの浮き沈みがあり、言葉や表情からいろいろ読みとるのが難しいときもありますが、精油の香りがそのギャップをうめてくれているような気がします。

今日は入居者さんの1人がグループホームを卒業されるおめでたい日。嬉しいけれど、ご本人にとっては新しい環境に飛び込んでいくことへの不安もあるでしょう。そう思って、せめてお守り代わりにと、精油で香水をつくってお渡ししました。眠れないときの支えになるクロモジ、パニックになりそうなときに心を落ちつけてくれるイランイラン、ストレスに適応できる力を秘めたヒノキ。

思った以上に華やかなトップノート。でも、しばらくすると甘いけれど優しい香りに。これから日を追うごとに、3つの香りがなじみ、ますますよい香りへと変化していくことでしょう。

彼女のこれからの暮らしもそうであって欲しい、そう祈るばかりです。

関連記事