toggle
2019-04-22

1年が過ぎて


先週の日曜日は、精神疾患を抱えた方たちが自立に向けて日々を過ごしているグループホーム「アプローズ南麻布」さんでのアロマケアDAY。関わらせていただいてから何だかんだで早一年。

今回は、長いこと入院していた方が退院し、久しぶりにアロマケアを受けてくれました。かと思うと先月、ちょっといつもと様子が違うな、と感じた方が入院してしまったとの報告。とはいえ、たまたま一時外泊でグループホームに帰って来ていたので、ケアを受けていただくことができました。月1回のほんのわずかな時間。ご本人たちの抱えるさまざまな事情などは、あえて聞かない私(自分から話してくださる方もいるけれど)。もちろん、アロマケアが終わった後、心身のことで気になることは当然グループホームの方にお伝えしたり、確認したりします。始めた当初は、お役にたてれば嬉しい、みなさんが喜んでくれてよかった。そんな訪問でした。

でも今は…薬を大量に飲んでいる方たちには、使わないほうがいい精油。トリートメントオイルの濃度。肩が痛い、腰が痛い、と訴える方のどこをさわれば、短時間で体を緩めてあげられるのか。いかに本人の気持ちに寄り添える香りを選ぶことができるか。自立のために、日々頑張っている入居者さんたち。それでも体や心がしんどくて、思うように頑張れないときもある。そんなとき、アロマとトリートメントで、明日への一歩がふみだせる一助となるには?そんなことばっかり考えるようになったのも、アスリートアロマトレーナーとして学んだことが大きく影響しています。

「毎月楽しみにしてるのよ」

そう言ってくださる言葉は今ももちろん嬉しい。だからこそ、学び続けていこうと思うのです。


終わった後にいただくアプローズランチ💕いつも美味しいご飯をありがとうございます。


関連記事