toggle
2019-06-02

魔の思春期 VS 鬼の更年期

仕事も家庭もバランスよくこなし、出産が30歳以上というお母さんが圧倒的に増えました。さらに、2人目、3人目のお子さんになると、子どもの思春期と母の更年期が重なることも。

これ地味に辛いです泣

なんだかイライラモヤモヤな思春期と、自分の気持ちや体がついてこない更年期。こんなときは無理しちゃダメ!無理を重ねていると、ろくなことにならない…子を思って言う言葉でも、子供にとっては「余計なお世話」。世の常ですけどね。我が家の場合、そんなときはオニババにならないよう、「落ち着け〜落ち着け〜」と自分に呪文をかけます。子どものことは子どもに任せて、自分をメンテナンスするひとときを優先します。

「聞いてるの?!」
「うるさいニャー」

ヒメコマツは更年期の味方。ホルモン様作用があり、不足しているホルモンを補ってくれます。ただし、妊娠中や子宮筋腫、乳がん 、子宮ガンなどの方は要注意 。ご使用はお控えくださいね。

クロモジは不安な気持ちを和らげ、眠りへ誘ってくれる香り。考えすぎて頭が痛くなったら、スギやヒノキの森林浴パワーを借りましょう。

お母さんがホッとした香りを、思春期のお子さんとシェアしてみてもいいですよね。どんな香りが好きか嫌いかを知ることで、お子さんが今どんな気持ちなのか、気づかされることもあります。

ホルモンバランスの変化に戸惑うもの同士。お互いを理解するきっかけづくりに、会話のない思春期男子との話のネタとして、香りというツールを使うのもアリ、ではないでしょうか。

関連記事